ど~でんのブログ

良い曲を紹介します。

今聴いている音楽(2022年9月版)

こんばんどで~~。

 

今回は選曲少なめですが、先日に作ったプレイリストのお話もしたいと思います~~。

 

 

 

誰も何も見てないしばれない / 諭吉佳作/men

作詞・作曲・編曲:諭吉佳作/men

若き女性シンガーソングライター、諭吉佳作/menから。3か月連続リリース企画の第一弾。

切れ味鋭い独特の世界観を保ちながらも、親しみのあるワードセンス、メロディセンスが秀でています。

1:27からのピアノソロのハッとさせられる仕掛けがかわいらしい。聴き手によれば非常に単調に聴こえてしまう面もあるような曲かもしれませんが、同じ歌詞でもどんどんと意味合いが変わってくるような細やかな変化が楽しい一曲です。

 

 

エレクトリック・スポットライト・ガールズ / harmoe

作詞・作曲・編曲:Avec Avec

女性声優の岩田陽葵、小泉萌香からなるユニットharmoeから。

トラックメイカーであるTomgggによる楽曲をはじめ、チャレンジングな楽曲が印象的なグループですが、今回もありそうでなかったような楽曲がリリースされました。

Avec AvecはSugar’s Campaignというポップアーティストとしても活躍しており、土岐麻子一十三十一さかいゆう月ノ美兎中島愛など、日本のポップミュージシャンから、声優系音楽にも多く参加されています。

メルヘンな雰囲気のする楽曲で、サビのメロディ、コードワークはわかりきったような感じがしますが、最初から最後までわくわくするおもちゃ箱のような編曲がかっこいいです。岩田陽葵さんの声と非常に相性が良いと思います。

 

 

MI-RA-I miracle circle / 小林愛香

作詞・作曲:Q-MHz

編曲:佐伯youthK

ナイスな疾走感のあるダンサンブルファンク。

ギターカッティング、ベースがまっすぐに良い。ギターは有賀恭平さん、ベースは鈴木渉さん。とにかく聴いてみて感じてほしい一曲です。

正直、2022年感はなく、2018年あたりの声優アーティストソングでありそうな曲調ではありますが、自分の好きな時代の曲であるし、声優アーティスト音楽界隈に引き込まれたときの気分を思い出したので、敢えて紹介。

 

 

チェンジアップ / ミシェルメルモ

ミシェルメルモの新譜より。

正直、すべて素晴らしかったです。ブラスセクションがこんなに効果的に甘く優しく響き渡る音楽を作れるのは稀有なポップアーティストです。

ボーカルのトヨシマモモエさんの壊れそうではあるが芯のある声に虜になりました。頻繁に混ぜられる不穏なコードと相乗効果でミシェルメルモの音楽の唯一性がぐっと増しています。

サビ前の語りのような仕掛けもミシェルメルモとしては珍しい仕掛けだったのではないでしょうか。もっともっとミシェルメルモの音楽は進化していくのだろうなとすごく期待しています。

 

 

甘露日 / 冬にわかれて

冬にわかれては2017年に結成したスリーピースバンド。

ボーカル・ピアノの寺尾紗穂さんは、シンガーソングライターとしても活躍。ドラムはceroでも経験があるあだち麗三郎さん。

イントロのドラムと、跳ねるピアノが印象的でこの曲を選びました。甘露日は吉日の一つで、空から甘露が降ってくると言われています。まさにこのピアノは甘露。上品さ、甘さを内包した表現です。歌詞も前向きな気持ちが込められており、味わい深いです。

 

 

 

特別な朝 / 笠原弘子

作詞:宮島律子

作曲・編曲:内藤慎也

笠原弘子さんは80年代から声優活動、アーティスト活動をされており、このアルバムは、1994年に発売されました。

活動初期はもっとリバーブがかかったような昔の昭和歌謡チックな音楽が多かったのですが、だんだんとこの曲のような路線に変わっていったように思います。

非常にシンプルで聴きやすいメロディ、R&B、ジャズの要素を多く含んでおり、親しみやすい一曲であると感じます。

 

 

 

 

 

 

冒頭でもお話しましたが、先日作ったプレイリストについてご紹介させてください。

今月、笠原弘子さんの音楽を聴いて思いつきました。

女性声優ポップス~渋谷系の旅をしてから、ディスコ系に。さらにJ-R&Bを経由して、1曲目に戻るのではないかという試みです。思いついた当初はもっと長編になるつもりでしたが、これくらいでいいかな。

好評でしたら、他にも作ってみようかなと思います。

昨年のブログで、プレイリストで表現できることがあるという旨の発言をしたので、もっともっと表現できるようがんばります。

 

今聴いている音楽(2022年8月版)

こんにちは~~~ど~でんです。

 

今月はアニソン結構多め~~~~。

 

今月もやっていきます!!!!!!!!!

 

 

コーナーカット・メモリーズ / 東京女子流

毎回東京女子流は良い曲をリリースされています。このブログの常連。

おしゃれで落ち着いた楽曲が多い印象ですが、今回はいつものおしゃれさに加えてパワフルさも持ち合わせた一曲に。

編曲がちょいフュージョンっぽい雰囲気があるのが、私の好き好きポイントです。

 

 

 

Ideal/Idol / KiRaRe

作詞:森本練

作曲・編曲:伊藤翼

アニメ、ゲームなどメディアミックスコンテンツ、Re:ステージ!から。

ハイスピードジャズ。

アイドル系の音楽とは思えない浮遊感のあるサビメロディ、独特のリズム感が非常に面白く感じます。挑戦的な楽曲になっていて、ここまでウッドベースがはっきり動き回る歌ものほかにありますかね。アウトロもすっと消えていくような潔さ。

 

 

Sweet Escape / 夜道雪

作詞:宮崎まゆ

作曲・編曲:木下龍平

Guitar:山田奏士

Bass:木下龍平

今回のアキシブ枠。

夜道雪さんは、タレント、声優、YouTuber、グラビアなどで活躍されている方で、Twitterもかなり有名なイメージ。

しょっぱなからの7(4+3)拍子、サビの転調の仕掛けも聴いていて「おっ?」となるフックがたくさんあって楽しい楽曲。バンドのグルーヴ感も素敵で、ベースが特に表情豊かで好きです。作曲の木下さんはベーシストということもあり、納得。

 

 

こころディクショナリー / AKATSUKI

作詞:mampuku

作曲・編曲:立川直樹

同人、商業音楽で活動されている企画制作集団「AKATSUKI」の楽曲。

音数が少なく、シンプルなピアノバッキングが特徴的な楽曲。すごいワウがかかったくもったギターも面白いです。

この曲からはシンプルな編成だから感じられる純朴さというものがあるなと感じていて、さらにメロディも休符を効果的に用いた見せ方がされていてキュートです。

 

 

Welcome to 僕らのセカイ / Liella!

作詞:宮嶋淳子

作曲:光増ハジメ

編曲:EFFY

弦管編曲:森悠

ラブライブシリーズからLiella!より。

すごいイントロ!であえたねから始めるイントロあります?

なぜかトロピカル感じがするすごく不思議な楽曲です。

Liella!はラブライブという文脈を踏まえた楽曲だけなく、とにかく型にはまろうとしない楽曲もリリースするので、僕を離しません。

一曲通して聴くと必ず幸せな気持ちになれる、ハッピーがつまった楽曲です。

 

 

きゅんビート / わーすた

作詞:YUC’e

作曲・編曲:Nor

2015年から活動開始のアイドル、エイベックス所属のわーすたから。SUPER☆GiRLS、Cheeky Parade、GEMにつづくアーティスト。

完全にK-POPを志向したような楽曲で、その完成度が異常に高い。

サビのトラックの凶暴さはびっくり。それに加えて、日本人受けするようなメロディはきっちりとりそろえてあるというのが大きいと思います。もう語ることの必要のないほど圧倒された曲です。

 

 

シャーベットマーメイド / DIALOGUE+

作詞:やぎぬまかな

作曲・編曲:伊藤翼

DIALOGUE+の説明はもう良いでしょう。

いやあああ、これはやられましたね。

こんな楽曲もやられたら、他の声優アイドルが勝てない。

少し夜系の音楽も感じさせるような4つ打ちディスコにカッティングが入るのですが、楽曲展開、ストーリー性が非凡です。弦の入れ方も僕好みです。

圧巻。。。

 

 

 

彗星 / HARCO

作詞・作曲:青木慶則

HARCOは青木 慶則さんのソロプロジェクト。BLUE BOYというバンドを経て、97年からHARCO名義で20年間活動をされていました。現在もアーティスト活動をされています。

フリッパーズ・ギターを意識したような楽曲。

私が渋谷系好きを自称しておきながら知らなかったので紹介。

イントロから印象的なピアノのバッキングによって楽曲の表情がどんどん変わっていくような気がしていて、ピアノを弾いている私にとってはうれしい楽曲。サビの棒読みっぽいコーラスがまたクセになりますね。

 

 

Get It On / Workshy

Workshyは1986年結成のバンドで、イギリス出身。イギリスではセールスは記録しなかったが、日本で人気に。ポニーキャニオンやテイチクなどからリリース。

ラウンジ~な楽曲。ついこの前知って、全部の楽曲が良かったので必ず紹介しようと思っていました。

もう少しアップテンポの楽曲もありますが、このグルーヴ感、しっとりとした雰囲気は損なわない、良い意味で期待を裏切らない落ち着く世界があります。

 

 

 

I Am / CAMERA SOUL

イタリア出身の2011年結成のソウルバンド。

新譜を聴かないときは、様々なジャンルの音楽を聴くように心がけているのですが、これはそれで見つけた楽曲。ジャンルとしてはR&B、ソウルといった感じ。

R&Bが好きな理由はそのグルーヴ感とエレピがやっぱり好きで。。たまらないです。

 

 

 

〇あとがき

今月は先月に比べてアニソンを聴いていました。先月はすごくアニソンを聴くと疲れてしまったのですが、ちょっと再燃しています。

そうやって音楽が好きになったりいやになったりすることがあるので、自分にとって音楽がどのようなものであるのか、どう付き合っていけばよいのかを今後も考え続けていきたいです。

 

 

今聴いている音楽(2022年7月版)

こんにちは~~~~~~~ど~でんです。

今月もぎりぎりになりましたが、やっていきます!!!!!!!!

 

 

プレイリストはこちら。今回は韓国の音楽も多め。

 

 

 

トナリノサティ / 夜明けのワルツ

 

透明感のある歌声のVo.嘴音 杏(シオン アン)と技巧的なFl&Pf.荒井亮介による新世代渋谷系ユニット「トナリノサティ」の4枚目のリリース。

はじめはメルヘンチックな雰囲気でかわいい曲のイメージを感じますが、後半にかけるにつれ壮大になっていくストーリー性。トナリノサティは楽曲展開が秀でています。アウトロのオルゴール?のフレーズに脳を撃たれました。

 

 

 

ブラウニー / 和ぬか

作詞・作曲:和ぬか

編曲:100回嘔吐

謎多きシンガーソングライター、和ぬかの2021年のリリース。

洗練された打ち込みサウンドに、和のテイストが混ざり面白い楽曲になっています。また、Aメロの疎な言葉数からBメロ、サビへと言葉の詰め込みが増えていくところも面白いです。

ボカロ、インターネット音楽的な雰囲気を感じますが、その世界だけに閉じないようなフックのある楽曲が多い印象です(今の時点でも数千万回再生されている曲もありますが)。

 

 

素直なままで恋をしようよ / 東京Qチャンネル

作詞:須藤まゆみ

作曲:割田康彦

 

1994年から活動していた音楽グループ、東京Qチャンネルより。初めて知ったとき衝撃でした。すごくポップでコミカルなジャケットであるにも関わらず、めちゃくちゃかっこいいニューミュージック、AOR的なサウンド

ボーカルの須藤まゆみさんがおしゃれなシティポップ的なサウンドと相性が良く、包容力がありながら伸びやかで言葉が伝わりやすいです。

 

 

LATTE & MACARON / SWEET ROBOTS AGAINST THE MACHINE

SWEET ROBOTS AGAINST THE MACHINEは、DJ、音楽プロデューサとして活躍するテイ・トウワの別名義。

2002年のリリースとは思えないほど、今のエレクトロミュージックに通じるような音の印象を受けます。全部すごいので、紹介する曲に困ったため、他のリリースもぜひ聴いていただきたいアーティスト。

 

 

Let me know / パジャマで海なんかいかない

パジャマで海なんかいかないは、ネオソウルやジャズをルーツとし、バンドサウンドを基盤としながらエクスペリメントなサウンドを追求するインターナショナルなグループ。

とにかくこの弛みのあるグルーヴに惹かれました。ただひたすらにこのグルーヴを愛してます。

 

 

non finito samba / dahlia

作詞:kaori

作曲:斉藤貫一

 

dahlia(ダリヤ)はcapsule須永辰緒、Humming Urban Stereo(韓国)、Félix Dyotte(カナダ)などの作品にボーカルとして参加されているような、ネオ渋谷系とも関係性が深いアーティストです。

この曲が収録された『le mode d'emploi』は、ボッサ、フレンチポップのジャンルの音楽にウィスパーボイスが乗る気持ちよさを存分に味わうことができるアルバムで、今のJ-POPから少し抜け出したいときに聴きたい一曲です。

 

 

G.A.M.E. / Photon Maiden

作詞・作曲: 佐高陵平(Hifumi,inc.)

アニメ、ゲームなどに展開するメディアミックスコンテンツ、D4DJに登場するグループ、Photon Meidenから。

私は初視聴の瞬間、宮野弦士的楽曲がきたと思いました。彼の作っているようなクールな雰囲気、サウンドがすごく似ています。前回のブログでちょうど宮野弦士さん的な音楽が来る的なことを言っていたのですが、予言があったみたいでうれしいです。

作曲はわれらが佐高さんで、さすがのクオリティでした。弦の感じも超好みです。

 

 

Earphone World / 아워멜츠(Hourmelts)

韓国の音楽グループ、Hourmeltsより。2007年のリリース。

スタイリッシュなハウス系のトラックに、ちょっとチープなブラス音源が良い味を出しています。

 

 

FEVER / Brave Girls

作詞:마부스 (Maboos)

作曲:마부스 (Maboos)・JS

編曲:JS

Brave Girlsは2011年から活動しているK-POPアイドルグループ。

非常にキレ良く疾走感のあるトラックに、ラップ要素も含んだありそうでなかった楽曲。日本ではこんな楽曲なさそうですよね。K-POPらしい音楽であると思います。

 

 

Seaside Breeze / Nostalgic New Town & conte

作詞・作曲: M. Lemon

Druns:荒山諒 

Bass:シンリズム 

E.Guitar:黒澤よう 

Flute:荒井亮介 

Sax:大石俊太郎 

Chorus:U 

Piano:佐藤望

Mix & Mastering:原真人 

新潟の金属製品販売マルダイさんが突如社員を歌手デビューさせるという企画から生まれた楽曲。

M.Lemon(佐藤望)さんバンドのさすがのサウンド。心地よさが群を抜いています。フルートでの情景の描き方が好きです。ボーカルも超キュート。佐藤さんのポップミュージックにマッチしすぎ。

 

 

Party Tonight / 크리스탈 레인

今回の韓国楽曲シリーズではこれが一番紹介したかった曲です。

イントロのベースの動きだけで、これは最高の音楽だと思いました。ベース、ギター、キックの音、どれをとっても気持ち良い。シンプルにカッコイイ!!!

2サビ後の展開、コード感も最高。涙こぼしながら感想書いてます。

 

 

宇宙の法則 / 安野希世乃

作詞:唐沢美帆h-wonder

作曲・編曲:h-wonder

宇宙の法則

宇宙の法則

今月、ものすごい数の声優楽曲がリリースされましたが、私が一番好きなのがこの楽曲。

とにかく幸せな気持ちになる元気で温かみのある編曲、歌詞、展開が素晴らしいです。ブラスセクション、Bメロのストリングスのピチカートなど、サビの「きらきら」の歌詞にきらきらしたサウンドが乗っかる部分など、こだわりがリスナーにしっかりと伝わる形で表現されています。

イントロはマネしたくなるような安野さんのボーカル。笑ってしまうほど癖がありますw

表情豊かな安野さんのボーカルはこれからも多くの音楽リスナーに幸せを運んでくれると思います。

 

 

 

〇あとがき

今年は楽曲10選をしようかどうか迷っていたのですが、安野さんの宇宙の法則が素晴らしくて、やろうかなと傾いています。

最近忙しくなってきて以前よりなかなか音楽が聴けていない状況で、疲れているときに音楽を聴いてリフレッシュするような機会も増えて、自分にとって音楽はどのようにはたらいているのか再考することも増えました。楽曲の制作に携わっているクリエイターさんには感謝の気持ちでいっぱいです。